スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 所長チャン
 
[スポンサー広告
1年。
東日本大震災より、1年。

テレビからは、1年前の様子が、ずっと流れていました。
見る人によって、感じ方は違うでしょう。


ワタシにとっては、
この震災により、
大切な人を失ったわけでもなく、
生活が大きく変わったわけでもなく、
表面的には、震災前と変わらない毎日を過ごせているのかもしれません。


けれど。
高校生のときに目の当たりにした阪神大震災、
そして、建築の仕事をするようになってから遭遇したこの東日本大震災。

阪神大震災のときに、「建築士」という仕事を知り、その素晴らしさに感銘をうけ、
将来、こういう仕事をやっていきたい、そのための知識や資格を身につけたい、と
必死でした。

資格が手に入り、住宅設計という仕事ができる環境に身をおくことができ、
その中で、「仕事」という「理想」と「現実」のバランスに、
悩み、苦しみ、やりがいを感じ、毎日が必死でした。

そんなときに、ちょうど1年前の大震災が、ありました。

恥ずかしながら、
毎日の忙しさ、「仕事」であるという現実に言い訳をして、
時には立ち止まって考えること、感じること、
をしていなかった、と、気づきました。

きっと、ワタシにとっての、3.11の出来事は、
「このまま、ただ進んでいくだけでは、ダメだよ」
という布石だったのかもしれません。


さ。
キモチ新たに。

これからも ムギョムギョーッっと、
お仕事、ガンバリマスよー!




posted by 所長チャン
comment:0   trackback:0
[ひとりごと
comment
comment posting














 

trackback URL
http://kentikuturedure.blog64.fc2.com/tb.php/215-3fbc8b37
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。