スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 所長チャン
 
[スポンサー広告
「おくりびと」を観て。
すっかりブログの更新をサボッてました・・。アハハ・・・。

今日は、「趣味」のお話。
「ご趣味は?」とか「お休みの日は何されてますか?」っつう質問に
言葉をつまらせるワタシですが、
そんなワタシの数少ない趣味、「映画鑑賞」。
(最近はもっぱら自宅でのDVD鑑賞ですが)


見ました、『おくりびと』
おくりびと [DVD]おくりびと [DVD]
(2009/03/18)
本木雅弘広末涼子

商品詳細を見る


優しいチェロの音楽、納棺師の所作の美しさ、誰もが迎える最期の日の情景。
仕事のこと、家族との関係。
誰もが多かれ少なかれ持っている不安な気持ちや、悶々とした気持ちを、
そっと救ってくれるような、優しい映画でした。


物語の中に「石文」という言葉がでてきます。
古代の人は、石の触感を通じて、自分の気持ちを相手に伝えていたそう。

そういう「触感」って、現代の生活から欠けているものかもしれない。

建築の世界でも、図面はほとんどパソコンで描き、
クライアントとのやりとりもメールがほとんどだったり。

仕事の効率も上がるし、時間の短縮もできる。
その反面、「石文」のような感覚が、なくなっているのかなぁ。とフト思う。

建築のプロポーションとしての美しさ よりも
大事なのは、「触感」としての心地よさ なのでは?

思わず触れたくなるような手すりであったり
裸足で歩きたくなる床だったり
そんな要素が集まって 空間ができているわけで
その空気感が 心地よさに なるのかな。

つまり その心地よさを 実現するために
プロポーションとしての美しさが必要であったり
バランスとしての配色の良さがあったり
なのでは?

・・・と話が結局は「ケンチク」の方向に行っちゃうという、悲しい性分・・。トホホ。

posted by 所長チャン
comment:2   trackback:0
[映画
comment
うひひ、お久しぶりぶり!
思うんだけどさーー。
結局、全てにおいて、気持ちがよいかどうか
につきるんじゃないのかな~?
この人といると気持ちいー♪
ここにいると気持ちいー♪
これをしてると気持ちいー♪

頭でなくて感じることですな。大事なのは。

心よ心!(笑)

2009/04/02 15:30 | | edit posted by hiyo
hiyoさん☆
うひひひーご無沙汰です(笑)
そぅそうぅ、アニキのおっしゃる通りですな。
人と建物関係だけじゃなくて、
人と人との関係も、(こそ)そうだよねー。

最近、色々思うコトがあって
(女30。独身。自営業。だとね・・)
眠れぬ日々(っつうのはウソだけど)。
頭の回路をオフにして、肌で、心で、感じること
しなきゃなー。
2009/04/03 10:50 | | edit posted by 所長チャン
comment posting














 

trackback URL
http://kentikuturedure.blog64.fc2.com/tb.php/42-06e4ff1f
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。