スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by 所長チャン
 
[スポンサー広告
ドキドキもんの、宝捜し?
たまにはお仕事の話を(笑)

今進めている新築の現場。
こちら、ご両親のおうちを建て替えて、家族みんなで住もう!という計画です。
で、古いおうちの解体は無事終わったのですが・・・

出てきました、既製コンクリートパイル杭。

30年ほど前に造成した地域。
建売で一斉にできた住宅街とのことですが、
何でも、地盤があまりよくなく、杭が入ってるかも。。という話はありました。

ただ当時の図面をみても、それらしきものは描かれておらず、
ご近所でチラホラみかける建替たおうちも、
松杭が出てきたところもあれば、なーんにもなかったところも。

でも、出てきてしまったのですよね・・・
R0016556.jpg
少しずつ掘削しながら、出てきた杭の場所を既存住宅の位置に
プロットしてみても、どうも規則性がみつからない。
これはもう、掘ってみないと、どんだけあるかわからない・・・。

ワタシたちも、お施主さんも、もぅドキドキです・・
(めっちゃいっぱい出てきたら、その解体費用が大変なことに。。。ひぃぃ・・)

幸い、予定していた予算に近いカタチで、
杭の解体計画が出来ました。

R0027382.jpg
解体屋さん穴に入って、ハツリ機の親玉みたいなので、
ガンガンハツリます。
ある程度ハツリ機で壊してから

R0027390.jpg
重機でへし折ります。
出てきた杭。30年ぶりに、コンニチワ。今までアリガトさん。

解体屋さんや基礎工事屋さんは、日を遮ることないサラ地で作業されるので、
残暑厳しい炎天下でも、仕事せねばなりません。

日頃、快適な事務所で過ごしてるヤワなワタシ。
現場で写真撮ったり打ち合わせするだけで もうフラフラ~なのに、
職人さんはスゴイです。


杭も抜いて、さっぱりした現場。
これから、地盤改良工事・基礎工事に入ります!

上棟は10月半ば予定。一番いい季節です。
気候のいい時期は、外仕事が本当に気持ちいいです。
上棟が楽しみです。
にしても、早くこの暑さがマシになればよいのになぁ( ´∀`)

R0027177.jpg
最近、肉増量中のタケオくん。
あついようで 伸びきっております・・・(´- `*)
ウメチャはチョロQのように動きまくりです。


****************************
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

いつもポチリありがとうございます♪


posted by 所長チャン
comment:2   trackback:0
[オシゴト
居場所。
先月自宅を引越ししまスタ。
が居るもんで、「ペット可」の物件を探そうとすると、なかなかないのよねぇぇぇ・・。
選択肢がぐっと減るんですよね・・。

・・ということもあり、一人暮らしにはちょいと広すぎる
3DKのアパートを借りました。
ファミリー向けに建築されたと思われるこの物件。

キッチンは幅2100のキッチン。
こりゃ料理もせっせとガンバってキッチン設計に役立てねば!
と思い、頑張って料理しておりますの。(ワタシなりにね・笑)

で、改めて思ったこと。

料理をすれば、作業工程中に継続的にゴミが出る・出る・出る。

スーパーの野菜は、たいていが袋に入ってるし、
皮むいたりヘタとったりすれば生ごみも出る。
お肉だって、ラップやらトレイやら。
調味料も、新品をつかう一発目にはキャップやらなんやら、
まぁ細々とゴミが出ますねぇ。

なので、キッチンには(特にシンクや作業スペースの近くには)
ゴミ箱が必需品。

でも。
一般的なキッチンの場合・・・

R0026218.jpg

R0026219.jpg
<ワタシタチ、お邪魔なので壁際に引っ込んでおきますね・・・>

シンクの下には収納できないから、
こうして使わないときはジャマになんないとこに移動して、
使うときだけ、持ってくる。って感じ?

これ、けっこうメンドクサイ。
ゴミ箱いっぱいになったら、重たいし・・。

ステキッチン(※前のアパートで試作で作っていただいた一人暮らし用オリジナルキッチン)
は、シンクの下をオープンにして、そこにゴミ箱を入れれるようにしたので、
とっても便利でした。

こうして使い比べると、どういう点が便利・不便か体感できますね。

キッチンのゴミ箱の居場所は、シンク下のオープンスペース。
これベストポジションだと思うなー。


・・と、一方、引越し続きの竹雄の様子ですが

R0026212.jpg
いろんな居心地よい場所を見つけて楽しく過ごしておりま~す。

****************************
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

いつもポチリありがとうございます♪


posted by 所長チャン
comment:2   trackback:0
[オシゴト
白子町のパン屋さんの上棟を迎えて。
今でも、なんだか現実じゃないんじゃないか、とフト思ってしまうほどの
大きな地震があって、約3週間。

こちらはガソリン不足も あの行列はなんだったの?!ってくらい ピタッと落ち着いて
スーパーもコンビニも 多少は棚があいてるものの
いつものように いろんな食品・商品が陳列されています。

計画停電も 実施中止が続いてるおかげで
いつ停電するかとドキドキしながらPC作業をする必要もなかったり
夜も明るい部屋で テレビを見れたり
街頭や信号がちゃんと光ってる中を安心して通行できたり

今までの「アタリマエ」の生活に戻っているような気がします。

でも今だにくる余震、テレビから流れる被災地の様子。
3・11は、現実なんだ。
と思い知らされます。

地震や津波という、ニンゲンの力ではどうにもならない、自然の驚異。
住宅が、あっというまに跡形もなくなってしまった街並みを映像で見て、
自分の仕事・信念が、なんだかとっても虚しく感じていた日々。

そんな中、なんとか材料も手配できて、予定どおり執り行なわれた、
白子町のパン屋さんの上棟。



正直、複雑な気持でした。



なんとか予定どおり上棟できるといううれしさ。
でも今の日本には、家を建てるどころか、多くのものを失った方がたくさん居るという悲しい現実。
想いを込めて図面をかいたものが、実際にできるというよろこび。
でもそれが、自然の力にはとうていかなわず、あっけなく無くなることだってあるということを
思い知らされた、3・11の大地震。

そんななか迎えた、上棟の日。

R0025775.jpg
上棟の日は、設計のワタシも作業員になります。
(玉掛けの資格、もってマスのよ。)

R0025827.jpg
床の合板には、岩手県の「宮古工場」のスタンプ。
これが作られたときはまだ震災前だったのだろうか。
東北の沿岸部には、合板の工場が多く、被災した工場も少なくないといいます。
材料も、家も、大切にしなければ。

R0025842.jpg
たくさんの職人さんの力で 組みあがった躯体。

自分が思い描いた建物が、空間が、実際にそこにありました。
ただ見ているだけでなくて、自分も微力ながらも作業して創り上げた建物。

やっぱり、建築って、すごい。
これからの日本がどうなっていくかわからないけど、
でも、ワタシは、建築のシゴトを一生の生業として、やっていきたい。
そして、いつか、自分が出来ることを被災地で役立てられるようにしたい。
そのためにも、任せていただいたお仕事を、誠意をもって、
建築士という職能に恥じぬよう、一生懸命たずさわることが、
今の自分には大切なことなんだと、感じた日でした。


****************************
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村


いつもポチリありがとうございます♪

posted by 所長チャン
comment:2   trackback:0
[オシゴト
「板張りの家」、お引き渡しとなりました。
12月4・5日、11・12日と二週に渡って開催させていただいた、
「板張りの家」の完成見学会。

今建築中のお施主さん、ご相談中のお施主さん、初めてお会いするお客さん、
たくさんの方々にお越し頂きました。

12月のお忙しい時期に、お越し頂いてありがとうございました。
また、見学会の開催にご快諾いただいたお施主さん、本当にありがとうございました。

IMGP5739.jpg

IMGP5852.jpg 
                                    
IMGP5769.jpg

IMGP5755.jpg

IMGP5805.jpg

IMGP5834.jpg

IMGP5707.jpg

IMGP5798.jpg

IMGP5921.jpg

IMGP5856.jpg



ダイニングにしつらえた、大きなダイニングテーブルは
なんだか居心地がよくて そしていっぱい書類を広げるスペースもあって
ついつい打ち合わせにも花が咲いて
IMGP5908.jpg
気が付けば遅い時間になってました・・・なんてことも。

+++++
見学会最終日の夕方に、お引き渡しをさせていただきました。
帰り際に「大切に住ませて頂きます。」とおっしゃって頂いた言葉が
身にしみました。

現場とも、お施主さんとも、これまでのように密にお会いすることは
なくなってしまいます。
そんなちょっとサミシイ気持ちとこれからこのおうちが、このお施主さん家族とともに
ステキな日々を過ごす空間となることのヨロコビと。

今夜は そんな想いを胸に
ゆっくり湯船に浸かって 冬の夜を過ごそうか。
なんつってー( ´艸`)

まだ建築中の現場は、ちょうど折り返し地点。
造作家具の詳細など、まだまだ検討事項がありますです!
そしてご相談中の案件も、これからムギョムギョ図面描くぜよっ!(☆゚∀゚)

****************************
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村

いつもポチリありがとうございます♪
posted by 所長チャン
comment:0   trackback:0
[オシゴト
いい仕事、してマス。
ワタシの事ではないです(笑)

大阪の職業訓練校時代の同級生、
立派に家具職人として独立した方がいらっしゃいます。

先日会ったときに「お盆が欲しいんだよねぇ~」という話をしたら
家具ででた端材で小物も作ろうと思ってるから
試作品を送ってあげる。と言ってくれました。

で、届いたのが、コレ。
IMGP5615.jpg
すすすすごすぎでしょ(笑)
こんな立派なものが届くなんて 想定外です(☆゚∀゚)

IMGP5619.jpg
オーク(楢)とウォルナット(胡桃)でつくったもの。
樹そのものの色を生かした、とてもステキなデザイン。
そしてそして、いい仕事っぷりです。
IMGP5618.jpg
ほら~。

IMGP5617.jpg
ほらほら~。

IMGP5620.jpg
底には蟻桟で足がつけられています。これで無垢板特有の、木の暴れを防げます。

IMGP5614.jpg
ひとつひとつ、手仕事で作っていく木の家具や小物たちは
大量生産で作られるものと比べて 値がはるものになってしまいますが

手にしたときのぬくもり 丁寧に作られたもの特有の存在感は
ぷらいすれす でございます。

one fat works のホームページ → http://www.one-fat.com

****************************
にほんブログ村 住まいブログ 女性建築士へ
にほんブログ村

いつもポチリありがとうございます♪
posted by 所長チャン
comment:0   trackback:0
[オシゴト
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。